艶つや習慣プラス アットコスメ シルキースワン

どっちが効く?違いは?「艶つや習慣」と「シルキースワン」比較

 

 

肌のざらつきや、老年性のイボが気になって仕方が無い!
という方々は、色んな化粧品を検索して検討されているかと思います。

 

 

私が見つけた、「艶つや習慣」と「シルキースワン」、
このふたつの違いと特徴を比較して、
どちらを使うと良いのか調べてみました。

 

最後までお読みいただければ幸いです。

 

        
つやつや習慣公式サイトはコチラ!

 

 

 

徹底比較!!つやつや習慣とシルキースワン!

 

 

まず、艶つや習慣とシルキースワンの共通点は、
老年性のイボに効く成分が配合されているという部分です。

 

 

両方とも、肌の代謝に役立つ
「あんずエキス」と「ハトムギエキス」が配合されています。

 

 

あんずエキスには、脂肪酸「パルミトレイン酸」が含まれています。

 

パルミトレイン酸は、皮膚の老化を防ぐ役割があります。

 

 

これは元々、人間が持っている成分なのですが、
加齢と共に減少していく成分で、
パルミトレイン酸が不足すると、老化が進んでしまいます。

 

 

 

ハトムギエキスには、
角質の健康的なターンオーバーを促す働きがあるほか、

 

配合されている「アミノ酸」には、
保湿効果や角質層に水分を蓄える能力があります。

 

 

これらが配合されている、「艶つや習慣」と「シルキースワン」は、
両方とも、確かに老年性のイボに効くと言って良いと思います。

 

 

 

さて、この二つの明らかな違いは、「日ごろの使い方」です。

 

 

「艶つや習慣」は、1個120グラムと大容量で、これ1個で約1ヶ月もちます。

 

「艶つや習慣」には、オールインワンジェルの役割も果たす成分が入っています。

 

ですので、日ごろの肌のお手入れや、
全身のケアに惜しみなく使うことができます。

 

 

対して、「シルキースワン」は、
20グラムの商品2個セットで、これも1ヶ月持ちます。

 

ですので、1個ですと半月分ですね。

 

 

「シルキースワン」は、およそ半月分の使いきりで、
新鮮な状態で使えるのが売りだと言えます。

 

そして、どちらかというと、イボのみに使用していく使い方になります。

 

 

 

さて、この「艶つや習慣」と「シルキースワン」、
どちらの方がコストパフォーマンスが良いのでしょうか?

 

それも併せて検証してみましょう。

 

        
つやつや習慣公式サイトはコチラ!

 

 

 

 

コスパがいいのはどっち!?

 

 

「シルキースワン」の定期コースは、
初回価格が2980円(税別)で、
2回目以降は5400円(税別)で利用ができます。

 

 

 

 

「艶つや習慣」の定期便は、
初回価格が2052円(税込)で、
2回目以降は3283円(税込)で利用ができます。

 

      
つやつや習慣定期便はコチラ!

 

 

商品の価格はほとんど変わりませんが、2回目以降の料金が
艶つや習慣の方が、コストパフォーマンス的には良いと言えます。

 

 

どちらの商品も、
定期コースの継続条件は無く、いつでも休止したり解約ができます。

 

 

 

まとめますと、効果は両方とも保障されているようですが、
広範囲のイボに悩まれていたり、
オールインワン化粧品の効果を持っているのが「艶つや習慣」で、

 

イボの範囲は狭く、開けてからあまり日を過ぎないように
使いきれるのが「シルキースワン」になります。

 

 

両方の特徴を踏まえ、
ご自身のイメージに合った商品をお選び頂ければ良いかと思います。

 

        
つやつや習慣公式サイトはコチラ!