艶つや習慣プラス イボ イボ効果

イボに効果は?艶つや習慣の効くイボのタイプを検証!

 

知らず知らずのうちにできてしまう、気になるイボ。

 

これらは、なかなか治ってくれることが無く
お困りの方も多いかと思います。

 

 

イボが取れると、イボ効果に期待される、
角質ケア成分を多く含んだオールインワンジェルの艶つや習慣が、

 

インターネットや口コミで話題になっていますが、
本当にこの商品はイボに効果があるのか?

 

 

気になる疑問を調べてみました。
         
つやつや習慣公式サイトはコチラ!

 

 

 

つやつや習慣の気になる疑問について!

 

 

まず、イボには種類があります。

 

外因性のイボと内因性の2種類が存在します。

 

 

その違いは何か?

 

簡単にご説明してから、艶つや習慣が
それぞれに効くのかをお答えしていきます。

 

 

 

まずは、外因性の、いわゆる「水イボ」です。

 

 

これは、「伝染性軟属種」と言って、
ポックスウイルスが原因で
イボになってしまう、感染症のひとつです。

 

 

主にかかりやすいのは、皮膚の防御能力がまだ弱い、
10歳くらいまでの子供ですが、大人もかかってしまう病気です。

 

 

水イボの感染経路は、「接触感染」です。

 

イボが出来ている部分に直接触れたり、
プールの水を介して感染したり、
イボが触れたタオルや衣服に触れる事などで感染してしまいます。

 

 

水イボが現れる体の部位は、全身に及びます。

 

特に、わきの下やひざの裏側などは、
皮膚がこすれあう回数が多いので
イボが潰れて、感染が広がりやすい傾向にあります。

 

 

 

この水イボに、「艶つや習慣は効果があるのか?」

 

という疑問ですが、答えは「No」です。

 

 

 

このイボは、ウイルスが原因になっているので、
皮膚科での受診が必要になります。

 

 

皮膚科で薬を処方してもらったり、
つぶしてもらって治療を行います。

 

 

つぶすという治療は一見、家族間でも出来そうですが、
接触による感染があるので、
専門の機関に任せた方が衛生面でも良いと言えますね!
         
つやつや習慣公式サイトはコチラ!

 

 

 

 

つやつや習慣で取れるイボは!?

 

 

次に、内因性のイボのお話をします。

 

日ごろ生活をしていく際に、
肌はおよそ28日周期で生まれ変わっています。

 

その肌の新陳代謝がうまくいかずに、
角質が皮膚に溜まっていってしまい、その角質がイボになってしまう。

 

 

これが、内因性の老人性疣贅や老人性イボに繋がります。

 

 

この「老人性イボ」に、「艶つや習慣」は効くのか?

 

お答えすると、こちらの答えは「Yes」です。

 

 

 

「艶つや習慣」は、このような「古くなった角質」を取り除き、
肌の代謝を促す効果があります。

 

ですので、
このような角質の溜まった現象には、とても良く効くと言えます。

 

 

 

特に、艶つや成分に配合されている成分でよく作用してくれるのは、
「あんずエキス」と「ハトムギエキス」です。

 

 

あんずエキスは、パルミトレイン酸を多く含んでおり、
これには、肌の再生を促す効果があります。

 

 

パルミトレイン酸は、
元々人間が持っている成分ですが、加齢によって現象していきます。

 

 

それを補えるわけですね。

 

 

そして、ハトムギエキスには、
ビタミンBやナイアシンが配合されています。

 

 

特に、ビタミンBは、皮膚の表面の新陳代謝を高め、
新しい細胞を作る時に必要な成分になります。

 

 

ビタミンBが不足してしまうと、
目が腫れぼったくなってしまったり、皮膚が厚くなってしまいます。

 

 

これらも、歳を重ねるごとに不足に陥りやすい成分で、
肌の代謝には必要不可欠な成分になります。

 

 

 

まとめますと、肌の代謝がうまくいかない内因性のイボに、
艶つや習慣はよく効果を発揮してくれます。

 

 

お肌の症状をよく確認されたうえで、
お試しされてみることをおすすめします。

 

        
つやつや習慣公式サイトはコチラ!